2006年11月10日

社会人が学割を使う裏技

「国際学生証」があれば、世界の交通機関を割引料金で利用する事が出来る。 
これは、学生証のコピー等の必要書類を国際学生交流財団や大学生協事業
センターに申し込むと即日交付してもらえる。 
しかし、学生には、このような優遇措置があるのに、社会人の若者にない のは不公平だ。
そこで、1985年に「フィートカード」というカードが発行されるようになった。
パスポート、写真などの必要書類があれば、東京ユース・ホステル協会などですぐに発行してもらえるのだ。
但し、26歳以下の人だけが対象だ。 国際学生証とほぼ同等の割引が受けられるので便利だ。
posted by うら太郎 at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

2006年11月08日

タクシーに10%引きで乗る裏技

障害者割引を利用します。
運転手に「障害者割引で」と言うだけ。
これだけで10%引きになります。
タクシー会社や運転手によっては障害者手帳を確認しますので使えませんが
唯一、東京MKタクシーは確認はありません。
会社側が運転手にわざわざ確認しないように指導しています。
posted by うら太郎 at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

2006年10月20日

空港で入る海外旅行保険を安くする方法!

海外旅行に行く前に薦められるのが「海外旅行保険」。
これにもたくさんの種類や加入場所がありますが、空港で保険に入る場合の保険料を安くする方法をご紹介します。
例えば3000万円の死亡保険を組み合わせた契約タイプのもので通常約4200円程度します。
意外と高い出費ですね。
特に旅行前ですから少しでも節約して、海外でお土産代にまわしたり、食事を豪勢にしたいところです。
でもこの4200円の保険料はやりかたによっては2500円程度にできます。
方法は簡単です。
実はこの4200円という保険料は全セット型の保険なのです。
このセットには死亡・後遺障害・治療費用・盗難・賠償責任等すべてが一緒になっているのです。
つまり不要なものを削除さえすれば安くすることができます。
基本的にこれらの項目をバラバラに保険をかけることはできるのですが、空港の保険カウンターには全く表示されていません。
そこで店員に「バラで掛けたい」と一言。
これでOK。
ただ問題はバラにして掛けておくものと削るものを選別しなくてはいけません。
例えばクレジットカードに保険が付いていれば、その分は削る、もしくは軽くすることをオススメします。
タグ:交通 裏技 保険
posted by うら太郎 at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

お盆や年末年始でも格安で海外に行く裏技

お盆や年末年始などは、どこの航空会社も混み合い、航空チケットも値段が下がりづらくなります。
そこであきらめて高い値段のチケットを購入する必要はありません。
もし目的地がはっきりとしているのであれば、ピーク時期でも格安で航空券を手に入れてしまう方法があります。
利用するのは、「呼び寄せ便」です。
これは、通常、海外に住んでいる人が、自分の国に両親親戚や友人を呼び寄せるために使われてるチケットです。
しかし、これはその国に知り合いが住んでいる必要はなく、普通の人でも手に入れてしまうことができます。
またこの呼び寄せ便のいいところは、時期に関係なく安い航空券が手にはいると言うことです。
行く時期、場所にもよりますが、通常の航空券の半額程度で行けます。
このような呼び寄せ便を専門に扱っている海外の会社が存在するのです。
また日本国内で購入することができ、日本語対応のスタッフやサイトもあります。
まずは、「取り寄せ便」と行きたい国で検索をしてみてください。
きっと今までに見たことのない種類の航空券が検索できるはずです。
なお、この取り寄せ便は、その国への24時間以上の滞在が条件だったり、またその他の規制があることもありますので、購入前には充分注意してください。
posted by うら太郎 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

完全合法!新品同様の高級車が5万円程度で買える!

国会議員になると黒塗りの公用車を利用できる。

センチュリーやプレジデントと言った運転手付きの高級車で移動が出来る。

と言っても1人1台が割り当てられる訳ではない。専用車を利用出来るのは
衆参両院の正副議長、各委員の委員長くらいで他の議員は
所属政党の議員数によって割り当てられた公用車をハイヤーのように利用する。

この公用車が5〜6年落ちでたった5〜7万円で払い下げられてる。

ただ、一般の人は買う事が出来ないのが現状である。
タグ:裏技 高級車
posted by うら太郎 at 04:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

2006年10月18日

暖かい車両に乗る方法

寒い冬、少しでも車内の温度が暖かい車両に乗りたいもの。
また夏場であれば、冷房が効きすぎている車両より、少しでも冷房が効いていない車両に乗りたい。
そんなときに使える方法です。
微妙ではありますが、若干暖かい車両に乗る方法があります。
方法は簡単で、上記でもご紹介しましたが、モーター(動力)車両に乗る方法です。
モーター(動力)車両は、電圧をコントロールするための抵抗器が床下にくっついています。
ここから発せられる熱が車両に伝わるため、若干暖かくなっているのです。
少しでも暖かい車両に乗りたいときは、ぜひこのことを心がけてみてください。
※最新の車両は、インバータ式の制御器になっており、熱が放出されづらい設計になっています。
そのため、上記でご紹介させていただいた情報にそぐわない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
タグ:電車 裏情報
posted by うら太郎 at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

お盆や年末年始でも格安で海外に行く方法!

お盆や年末年始などは、どこの航空会社も混み合い、航空チケットも値段が下がりづらくなります。
そこであきらめて高い値段のチケットを購入する必要はありません。
もし目的地がはっきりとしているのであれば、ピーク時期でも格安で航空券を手に入れてしまう方法があります。
利用するのは、「呼び寄せ便」です。
これは、通常、海外に住んでいる人が、自分の国に両親親戚や友人を呼び寄せるために使われてるチケットです。
しかし、これはその国に知り合いが住んでいる必要はなく、普通の人でも手に入れてしまうことができます。
またこの呼び寄せ便のいいところは、時期に関係なく安い航空券が手にはいると言うことです。
行く時期、場所にもよりますが、通常の航空券の半額程度で行けます。
このような呼び寄せ便を専門に扱っている海外の会社が存在するのです。
また日本国内で購入することができ、日本語対応のスタッフやサイトもあります。
まずは、「取り寄せ便」と行きたい国で検索をしてみてください。
きっと今までに見たことのない種類の航空券が検索できるはずです。
なお、この取り寄せ便は、その国への24時間以上の滞在が条件だったり、またその他の規制があることもありますので、購入前には充分注意してください。
タグ:飛行機 裏技
posted by うら太郎 at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

混雑した電車に少しでも早く乗り込む方法!

仕事で疲れた時くらい、電車では座りたいですよね。
でも帰宅時のラッシュで、電車は混雑していて、なかなか座ることはできません。
しかしこのことを頭に入れておけば、電車で座れる確率が少しは上がると思います。
混雑した電車がホームに止まったとき、まずは乗客がドアが開いた瞬間から次々とホームに降りてくることがあると思います。
こういうときに他の人たちより少しでも早く電車内に入れれば、座れる確率が上がる訳です。
実は、ちょっと頭を使うだけで、少し早めに電車に乗ることができるのです。
重要となるのは、ホームにある階段の位置です。
電車が到着した場合、人の流れは階段方向に流れます。
例えば、あなたがホームに2列で並んでいるときに、2列のうちの左側に立つか、それとも右側に立つか。
もちろんできるだけ前に並べるのが理想ではありますが、左右どちらでもいい場合は、階段の位置で判断します。
もし最寄りの階段が左側にあるようであれば右側に、階段が右側にあるようであれば左側に並ぶようにしましょう。
またホームに並ぶ時、階段に近い列には並ばないようにしましょう。
電車が到着したとき、階段に近いドアには人が集中します。
階段に近いドから完全に乗客が降りた時には、もうその両サイドのドアは乗客が降りきっていて、先に電車内に乗り込んでしまっていることがよくあります。
これからはホーム上での乗客の流れを計算して、電車に乗り込むようにしましょう。
ちなみに駅員たちは、このような乗客の流れを常に計算しているそうです。
タグ:電車 裏技
posted by うら太郎 at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

電車の乗り越し清算を安くする方法

購入していた切符の区間より先の駅に行ってしまった場合、乗り越し精算をすると思いますが、実はこの乗り越し精算を安く済ませる方法があるのです。
また乗り越し精算を計画的に使えば、いつも乗り慣れた区間を安く乗車することができてしまう場合があります。
たとえば、A駅からB駅までの切符を購入していて、B駅より先のC駅まで電車で行ったとします。
この場合、B駅までしか切符を購入していないので、B駅からC駅までの乗り越し分をC駅で取られます。
これが普通の流れです。
しかし、ちょっとした方法で安く済ませることができます。
方法は簡単で、A駅からB駅までの回数券を用意しておき、A駅を回数券で入場します。
そしてB駅を超えて、C駅で乗り越し精算をすると、なんと、普通に切符を買って乗り越し精算するよりも、回数券で乗り越し精算する方が安くなるのです。
さらに回数券は割安で買うことができるので、さらにお得です。
割引率は比較的高い方法です。
この乗り越し精算を上手に使えば、かなりお得です。
さらにさらに、1枚の切符で、A駅からC駅で切符を買うよりも、安くなる例もあります。
なお、すべての区間で使える訳ではありませんが、この方法で割安になる区間は数多くあります。
ぜひ一度、いつもの乗り慣れている区間について、どっちが安いか調べてみてください。
タグ:電車 裏技
posted by うら太郎 at 03:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

高速道路を安く利用する方法

【ETCカードを使う】
最近では料金所をノンストップで精算できるETCが普及してきました。
それに伴い、ETCカードを利用した割引サービスも増えてきていまが、その割引サービスを上手に利用すれば高速道路も割安で乗ることができしまいます。その中の一つがETC前払割引。これは50000円分の高速道路代金を前払いすれば、8000円分おまけがついてくるというお得な割引制度です。これは一般的に広まっている割引制度ではありますが、実はこの他にもETCカードでの割引サービスがあります。もう一つの割引サービスはなぜか積極的な広報活動も行われず、ひっそりと広まっているのですが、ETC前払割引より断然お得です。
それは、ETC別納カードです。
このカードは前払いではなく、クレジットカードのように、使用した分だけを後日精算するというもので、さらに利用金額から5%〜20%程度の割引がされるのです。後払いということなので資金運用的にも有利ですし、何より使った分だけでよく、さらに割引率も高い。
このカードは、協同組合や商工会議所などで申し込みができます。
割引率は申し込む場所によって異なります。基本的には法人や営業個人用になるのですが、個人でも納税証明書等を提出すればカードを作ることができます。

【割引サービスを使う】
意外と知られていないのですが、日本道路公団が高速道路の割引キャンペーンを開催することがあります。開催時期や期間、また対象となる区間はそのときによって異なりますが、よく行われていることなのです。
例えば、北海道スーパー割引5DAYSチケットは、北海道の高速道路を5日間乗り放題で普通車1万円。これがあれば広い北海道も十分に満喫できますね。その他にも遊遊南東北スーパー割引3DAYSチケットや備北・石見スーパー2DAYSチケット等、お得な割引サービスがいっぱいです。またさらにコーヒーが2枚無料でもらえたり、指定の施設が割引で入れたりと特典がいっぱいです。
 →北海道スーパー割引5DAYSチケット
  http://www.jhnet.go.jp/press/rel/2003/07/09/hokkaido.html
 →遊遊南東北スーパー割引3DAYSチケット
  http://www.jhnet.go.jp/press/rel/2003/07/09/touhoku.html
 →備北・石見スーパー2DAYSチケット
  http://www.jhnet.go.jp/chugoku/contents/press/19.pdf

【金券ショップを利用する】
金券ショップに行けば、ハイウェイカードや高速券を定価よりも割安で販売しています。決まった旅行などがあるようであれば、あらかじめ金券ショップでハイウェイカードや高速券を用意していけば、高速道路を安く乗れたことになります。
高速道路ではハイウェイカード、首都高や阪神高速ではハイウェイカードはできるだけ使わずに、割引率が非常に高い高速券を優先的に使うようにしまし
posted by うら太郎 at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

2006年10月17日

後払いでSuicaにチャージする方法!

自動改札機にかざすだけで、簡単に改札を通り抜けられる便利なSuica。
普通であれば、切符販売機で、現金をチャージして利用することが出来ます。
例えば、1000円チャージすれば、1000円分がカードの残高になります。
このチャージは、もちろん前払いになります。
しかし、後払いにする方法があります。
この方法であれば、現金が無くても、チャージすることができます。
また資金の運用面で考えても、とても得できることになります。
方法は簡単で、まずJR東日本が発行するビュースイカ・カードを手に入れます!
これはSuicaの機能と、ビューカードが一緒になった画期的なカードです。
このカードは、suicaの機能はもちろんのこと、viewカードの機能もあるのです。
そして、このカードを手に入れたら、チャージをするわけですが、普通の切符売り場でチャージするのではなく、ATMコーナー「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)に行き、ビューカードでのクレジット決済でSuicaへの入金(チャージ)ができるのです。
ATMコーナー「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)は、主要な駅にしかなく、また切符売り場とは全く違う場所に設置されていることが多く、探すのに一苦労かもしれません。
しかし、クレジットカードでチャージすることができるので、クレジットカードの支払日まで、実際に現金は動きません。
またお買い物をしたポイントが集まれば、suicaにチャージすることができてしまうので、さらにお得です。
ぜひお買い物でどんどんポイントを貯めて、いろんなところへどんどん出かけしちゃいましょう。
タグ:裏技 電車
posted by うら太郎 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

幹線を安く乗る方法【ツアー利用編】

意外と知られていない技がこれ。
例えば東京から大阪まで出張があった場合、個別に新幹線の乗車券を購入して往復するより、旅行のツアーで行った方が安くつくことがあります。
通常、東京から大阪までの片道が12,000円程度しますが、ツアーで安いときでは、一泊付の新幹線往復で20,000円程度で行けてしまいます。
またJR東海ツアーでツアーとしてチケットを買えば同じJRで買うのでも相当安く買うことができるのです。
ただしツアーの場合は前もって予約する必要があり、また季節によって逆に価格が高くなってしまうので注意しましょう!
タグ:裏技 新幹線
posted by うら太郎 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

幹線を安く乗る方法【ツアー利用編】

意外と知られていない技がこれ。
例えば東京から大阪まで出張があった場合、個別に新幹線の乗車券を購入して往復するより、旅行のツアーで行った方が安くつくことがあります。
通常、東京から大阪までの片道が12,000円程度しますが、ツアーで安いときでは、一泊付の新幹線往復で20,000円程度で行けてしまいます。
またJR東海ツアーでツアーとしてチケットを買えば同じJRで買うのでも相当安く買うことができるのです。
ただしツアーの場合は前もって予約する必要があり、また季節によって逆に価格が高くなってしまうので注意しましょう!
タグ:裏技 新幹線
posted by うら太郎 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技

混み合っている電車で降りるお客さんを見分ける方法!

混み合っている電車。
座席はすべて埋まってしまっている。
でも座りたい!
そんな時に使えるワザです。
座っているお客さんが電車から降りることが、他の人より早く分かれば、もしかしたら座席に座れるかもしれませんよね。
実は、降りるお客さんを見分ける方法があるのです。
方法は簡単で、座っているお客さんの靴を見ます。
靴というよりは足先を見ます。
座っていて、立ち上がろうとする人は、ほとんどの場合、足を座席側に引きます。
リラックスしているときほど、足を放り投げるように遠くに置く習性があります。
立ち上がるときは、その足先を手前に引かないと立てないので、降りようとしている人は、足を引くか、もしくは足を引いて、立ち上がる準備をしています。
もちろん全員がこの傾向に当てはまる訳ではありませんが、ぜひ降りるお客さんをいち早く発見するための情報の一つとして、足を見るようにしてみてください。
タグ:裏技 満員 電車
posted by うら太郎 at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技
緊急特別プレゼント


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。