2006年10月23日

バーゲンでの良品と粗悪品の見分ける裏技

バーゲンセールで普段より値引きされ販売されている商品がある場合、商品は次の2つの種類に分けられます。
一つは正規品として販売していて売れ残ったモノを値下げしている商品。
もう一つはバーゲン用にバーゲン品を作った商品。
品質的には前者の売れ残り品の方がよく、バーゲン品は質を落として作っているのが通例です。
実はこの2つの種類の商品を見分ける方法があります。
方法は簡単です。
見るのは値札(タグ)。
元のタグの上にシールが貼ってあるもの。
それは元々正規品で売っていた商品。
印刷で値引きされたタグが付いているもの。
それはバーゲン品として作られた商品。
すべてのお店というわけではありませんが、大手百貨店や大手衣料卸会社などではこのようなシステムになっています。
バーゲンに行く機会がありましたらぜひ見てみてください。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
緊急特別プレゼント


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。