2006年10月23日

無職でもクレジットカードを作る裏技

さて、無職でもクレジットカードを作れないことはないのですが、やはり、無職だとクレジットカードを作るのが厳しいことに間違いはありません。

そこで、無職だけど、無職でなくしてしまう裏技というのがあります。



ヤフーオークション等をやっていれば、立派な自営業者
もし、あなたが、自宅の物をヤフーオークションやフリーマーケット等で販売して、小銭を稼いでいる場合、、、それって立派な自営業な気がしませんか?

このようなことをしている場合には、文句なく「自営業」と名乗ってしまいましょう。勤務先名としては、適当に屋号(≒会社名。例えば、○○商会とか)を付けて申請しましょう。

もちろん、自宅=勤務先として電話番号を記入しておけば、勤務先に照会がある場合でも、自宅に電話がかかってくるのですから、問題はないはずです。

アルバイト・パートをしていれば無職ではない
無職といいつつ、実は、コンビニでアルバイトをしているフリーター。こんなケースも結構多いと思います。

こういうケースでは、無職ではなく「フリーター」としてクレジットカードの申請をしましょう。

最近は、審査が緩くなってきているので、クレジットカード会社さえ選べば、審査が通る場合も結構あるようです。

ちなみに、この話はいわゆるパートさんでも、話は一緒です。パートをしているなら、堂々と「パート」と書いてクレジットカードの申請を出しましょう。



もっとも中には、「会社員」として申請をして、クレジットカードの審査を通してしまう強者も結構いるようです。というのは、クレジットカード会社が、勤務先に勤務確認の電話を入れる場合に、「○○さんは勤務していますか?」とは聞いても「○○さんは正社員ですか?」という聞き方をするケースはあまりないのです。

つまり、クレジットカード会社が、フリーターと正社員との区別をしていないケースも多いのです。

積極的におすすめはできませんが、正社員として申請をする、という方法もないことはありません。

このように、ほとんどの方は、完全な無職ではなく、実際には、なんらかの収入を得ているはずです。その場合には、

堂々と、その収入源となっているものを職業として書きましょう



posted by うら太郎 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカードの裏技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
緊急特別プレゼント


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。