2006年10月18日

ATMの時間外手数料より安くお金を引き出す方法!

土曜、日曜のお買い物、また夜遅くでの急なお買い物、そんなときに現金がないような場合、銀行やコンビニのATMでお金を引き出すことと思います。
しかし。。
それだけのために、「時間外手数料」がかかってしまいます。
曜日や時間帯にもよりますが、105円〜210円の手数料がかかります。
たかが105円、されど105円。
105円くらいたいしたことないと考えているあなた!
実はその105円を金利で考えたら、莫大な利息を払っているのと同じ事になるんです。
例えば、土曜日に銀行で105円の手数料を支払い1万円を引き出し、それを月曜日に銀行に戻すとします。

1年間に1回だけ、1万円を時間外に引き出して、105円の手数料を取られたとします。
その場合、年利で計算すると、年利190%以上となるのです。
銀行系カードローンで年利18%程度、消費者金融で年利28%程度ということを考えると、桁違いに高い年利であることがわかります。
銀行は、消費者金融や街金融以上の利息を取られていることになるんです。

まぁもちろん銀行はこの手数料収入で生計を立てていることもありますし、ATM運営費をまかなう必要もありますので、ある程度仕方ないという考え方もできますが、少しでもこのような無駄な出費を防ぎたいと考える方はたくさんいらっしゃると思います。
特にこのような低金利時代。
銀行にお金を預けても僅かな金利しか付かないこの時代に、無駄な手数料は支払いたくない。

でも、考え方を変えれば、時間外手数料を払うことなく0円で、土曜日でも日曜日でも時間外でも、いつでもどこでもATMで、お金を引き出すことは可能なのです。

その方法は簡単で、クレジットカードのカードローンなどを利用する方法です。
これはクレジットカードには、、お金を借りる機能が付いているので、その機能を使い、ATMでお金を引き出し、そして返済するという方法です。
この方法は、お金を借りるということになりますが、お金を借りたとしても、すぐに返済すれば、利息は微々たるもので、時間外手数料に比べれば、圧倒的にお得です。
ただしどのクレジットカードでも出来るというわけではありません。
絶対的な条件があります。
それは、繰り上げ返済が可能であり、かつキャッシング手数料がかからないという条件です。
繰り上げ返済というのは、簡単に言えば、すぐにお金を返してもいいという返済制度です。
クレジットカードによっては、最低1ヶ月以上、借りないといけないような場合もあります。
そのような場合は、金利が高くなってしまうことがあり、元も子もありません。

それでは、繰り上げ返済が可能で、かつキャッシング手数料がかからない、カードローンをご紹介しましょう。

ただし、これらを利用するときには、注意が必要です。
短期間で返済をすれば、もちろんATM手数料よりは圧倒的にお得ではありますが、事実上は借金をしている訳ですから、それを長い間借りていると、逆に利息が高くなってしまうことがあります。
目安としては、1万円を2週間以上借りてしまうと、105円を上回ります。
計画性を持って利用しましょう。
またこれらを利用するときは、例えば土日だけとか、夜だけなどと自分で決めて、普通の銀行のキャッシュカードと使い分けて利用することをおすすめします。



posted by うら太郎 at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカードの裏技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
緊急特別プレゼント


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。