2006年10月18日

暖かい車両に乗る方法

寒い冬、少しでも車内の温度が暖かい車両に乗りたいもの。
また夏場であれば、冷房が効きすぎている車両より、少しでも冷房が効いていない車両に乗りたい。
そんなときに使える方法です。
微妙ではありますが、若干暖かい車両に乗る方法があります。
方法は簡単で、上記でもご紹介しましたが、モーター(動力)車両に乗る方法です。
モーター(動力)車両は、電圧をコントロールするための抵抗器が床下にくっついています。
ここから発せられる熱が車両に伝わるため、若干暖かくなっているのです。
少しでも暖かい車両に乗りたいときは、ぜひこのことを心がけてみてください。
※最新の車両は、インバータ式の制御器になっており、熱が放出されづらい設計になっています。
そのため、上記でご紹介させていただいた情報にそぐわない場合もありますので、あらかじめご了承ください。


タグ:電車 裏情報

posted by うら太郎 at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通手段の裏技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
緊急特別プレゼント


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。